特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」



【中止のお知らせ】

東京国立博物館は、新型コロナウイルス感染防止のため2月27日(木)から臨時休館としていますが、このたび政府からの緊急事態宣言が出されたため、当面は臨時休館を継続いたします。これにともない、5月10日(日)までの会期を予定しておりました特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」は大変残念ながら開幕を断念し、中止することといたします。本展覧会を楽しみにしてくださっていた皆様には本当に申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。なお、チケットの払い戻しについては、緊急事態宣言が解除され次第開始する予定です。払い戻し期間や払い戻し方法は、こちらをご覧ください。また、展覧会公式図録や関連グッズの販売についてはこちらで販売しております。



お知らせ

ムービー

開幕より一足先に展示室内を一部ご紹介します。




開催概要



世界遺産・法隆寺。その西院伽藍(さいいんがらん)の中心をなし、世界最古の木造建築である金堂には、およそ1300年前の飛鳥時代に描かれた壁画がありました。東洋仏教絵画の白眉と言われた貴重なこの壁画は、戦後間もない昭和24年(1949)の火災により大半が焼損してしまいましたが、焼損前に描かれた模写の数々やガラス乾板などが残されているおかげで、今でもその威容をうかがい知ることができます。
2020年は、法隆寺金堂の火災をきっかけに、1950年に文化財保護法が成立してから70年となる節目の年です。本展では、法隆寺金堂壁画の優れた模写や、焼損後に再現された現在の壁画、そして日本古代彫刻の最高傑作の一つである国宝・百済観音など金堂ゆかりの諸仏を展示します。法隆寺金堂の美の世界を体感していただくとともに、文化財を保護し継承することの大切さを伝えていきます。