GOODS

図録・グッズ・音声ガイド

図録・グッズ・音声ガイド




展覧会公式図録およびオリジナルグッズの一部が、以下のサイトから購入できるようになりました。ぜひともご利用ください。
※取り扱い商品はサイトにより異なります。



●東京国立博物館ミュージアムショップ(図録のみ12月末まで販売予定 ※売り切れ次第終了※)

●朝日新聞SHOP(12月末まで販売予定※売り切れ次第終了※)
●ほぼ日カルチャんWEBショップ(売り切れ次第終了)
●OIL by 美術手帖(販売期間は終了いたしました)
●e+Shop(販売期間は終了いたしました)




特別展 法隆寺金堂壁画と百済観音

販売価格:2,300 円(税込み)

東洋仏教絵画の至宝、法隆寺金堂壁画の最新資料決定版

図録

東洋仏教絵画の至宝、法隆寺金堂壁画の最新資料決定版

 世界遺産・法隆寺。その西院伽藍の中心をなし、世界最古の木造建築である金堂には、およそ1300年前の飛鳥時代に描かれた壁画がありました。東洋仏教絵画の白眉と言われた貴重なこの壁画は、戦後間もない昭和24年(1949)の火災により大半が焼損してしまいました。この火災を機に、1950年に文化財保護法が制定されてから70年目の節目の年に開く本展は、優れた壁画模写と、飛鳥時代の仏像の代表作である百済観音像ほかゆかりの仏像を通じて、法隆寺金堂の美の世界を表すとともに、文化財を継承することの大切さを伝えます。
 図録では、焼損前の明治~昭和にかけて、桜井香雲(1840~1902)や鈴木空如(1873~1946)が描いた模写や、記録として撮影されたガラス原板のほか、焼損後に前田青邨(1885~1977)らによって描かれ、現在の金堂におさめられた再現壁画など、出品作をはじめ、出品されない作品も含めて金堂壁画に関する図版を充実して掲載。モノクログラビアや壁画配置図、各種論文もあわせて収録し、法隆寺金堂壁画を読み解く最新資料決定版です。
 東京では23年ぶりの公開となる百済観音像は、魅力的な微笑みや美しい指先をクローズアップしてご紹介します。百済観音像の謎に迫るコラムや論文も読みごたえがあります。


図録
図録
図録
図録
図録
図録
図録

カタログ内容

2020年発行、214ページ、カラー150ページ/モノクロ64ページ、A4変形版





展覧会公式図録およびオリジナルグッズの一部が、以下のサイトから購入できるようになりました。ぜひともご利用ください。
※取り扱い商品はサイトにより異なります。



●朝日新聞SHOP
※「海洋堂 百済観音フィギュア」はこちら
(12月末まで販売予定※売り切れ次第終了※)
●ほぼ日カルチャんWEBショップ(売り切れ次第終了)
●OIL by 美術手帖(販売期間は終了いたしました)
●e+Shop(販売期間は終了いたしました)






「海洋堂 百済観音フィギュアセット前売券」をご購入されたお客様

このたび政府からの緊急事態宣言が出されたため、5月10日(日)までの会期を予定しておりました特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」は大変残念ながら開幕を断念し、中止となりました。これに伴い「海洋堂 百済観音フィギュアセット前売券」をご購入されたお客様については下記のとおり対応いたします。


【払い戻し・引換期間】

2020年5月7日(木)~ 6月30日(火)まで

  • ※お手数ですが、期日までに必ず払い戻しまたは引換の手続きを行ってください。期間を過ぎますと対応できませんのでご注意ください。

◆フィギュアとの交換をせず、払い戻しをご希望のお客様

各プレイガイドにて払い戻しを行います。各社のホームページ等にて払い戻し方法をご確認ください。 


●イープラス●

e+お客さまサポート(お問合せ):http://eplus.jp/qa/


●チケットぴあ●

お問い合わせ:チケットぴあのヘルプページのヘルプ検索よりお願いいたします


●ローソンチケット●

WEBお問合せ:https://faq.l-tike.com/


◆「海洋堂 百済観音フィギュア」との交換をご希望のお客様

「グッズ引換券・入場券」「送付先の名前・住所・電話番号」を書いたメモを添え、下記宛先まで簡易書留にてお送りください。後日、フィギュアと本展覧会公式図録を進呈させていただきます。

<宛先>
〒150-0047 東京都渋谷区神山町5-5NRビル
NHKプロモーション 法隆寺展グッズ係

  • ※グッズ引換券・前売券等をお送りいただく郵送等の費用はお客様のご負担となります。
  • ※入場券分の差額と郵送等の費用については、本展覧会公式図録の進呈にて代えさせていただきます。ご理解のうえご郵送ください。
  • ※発送6月上旬頃からを予定しております。

なお、「海洋堂 百済観音フィギュア」は5/18(月)正午から朝日新聞SHOPにて数量限定(限定800体)で販売いたします。

  • ※購入はお一人様2体までです。

海洋堂 百済観音フィギュア

展覧会の会期中、会場内の特設ショップにて数量限定で販売予定。



フィギュア情報

販売価格:8,300円(税込)

商品名:ポリストーン製塗装済完成品 法隆寺公認 国宝・百済観音フィギュア

造形企画制作:株式会社海洋堂

原型制作:Studio-蓮

対象年齢:15歳以上

材質:ポリストーン等


百済観音フィギュア
百済観音フィギュア
百済観音フィギュア

全高約160mm(台座を含む)
*画像は開発中のものです。
©KAIYODO

宝冠手ぬぐい

宝冠手ぬぐい 1,080円(税込)

百済観音の宝冠や腕釧の意匠を模した手ぬぐいです。バンダナのように頭に巻くとまるで宝冠をかぶっているようにみえる楽しいデザインに仕上がっています。

宝冠手ぬぐい

宝冠しおり 850円(税込)

百済観音の宝冠から垂れ下がる冠繒(かんぞう)を模したしおりです。美しい文様が見事に再現されています。ぜひ宝冠手ぬぐいとセットでどうぞ。

宝冠しおり
吉祥天像文様手ぬぐい

吉祥天像文様手ぬぐい 1,080円(税込)

吉祥天像の着物の文様を描きおこしたデザインで仕上げました。飾っても素敵ですがたたんではんかちとして使用しやすいデザインになります。

吉祥天像文様手ぬぐい

百済観音の手 トートバッグ 2,800円(税込)

百済観音の手を描きおこしたデザインでトートバッグに仕上げました。ルート―トのキャンパス生地のトートバッグで内側のポケットも充実しています。

トートバッグ
散華型ポストカード

散華型ポストカード 各400円(税込)

金堂壁画、百済観音の宝冠、手の描きおこしの3枚セットで飾ってもきれいな散華型ポストカードに仕上げました。

散華型ポストカード

マスキングテープ 各450円(税込)

百済観音宝冠、手、法隆寺の仏像をイラストしたマスキングテープです。
イラストごとにカットしたシールとしても使用できます。

マスキングテープ
Tシャツ

Tシャツ 各3,200円(税込)

百済観音が手に持っている壺をデザインで仕上げました。S・M・Lの3サイズ、黒、白の2色展開です。

Tシャツ
木村多江

木村多江さんが 音声ガイドナビゲーターに決定!

女優の木村多江さんが、法隆寺金堂壁画の在りし日の姿に迫ります。
壁画の焼損から保存、継承にまつわるドラマ、模写や再現に関わった画家たちのエピソードもたっぷり織り交ぜてご案内。
23年ぶりに東京にお出ましの国宝“百済観音”の魅力についても、様々な角度からご紹介します。


メッセージ

日本には美しいものが沢山あり、年々、それを知りたい、感じたいと思うようになりました。
そんな中、日本の美の継承に関わらせていただける機会をいただけましたこと、大変光栄に思っております。
皆さまを少しでも、法隆寺の美の世界に誘うお手伝いができたら嬉しいです。
どうぞ、東京国立博物館へ、尊い世界にお越しくださいませ。



プロフィール

1971年生まれ 東京都出身 女優。
2008年、初主演となる映画「ぐるりのこと。」では第32回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ他多くの映画賞を受賞。
2014年よりNHKBSプレミアム「美の壺」にて天の声も務めている。
映画やドラマ、CMなど、幅広い分野で活躍中。



■特別解説■
本展担当の東京国立博物館研究員や、法隆寺金堂壁画の保存活動に関わった専門家の解説も、 特別収録いたします。


◆音声ガイド概要 ◆
【ナレーション】 木村多江
【所要時間】 約25分
【当日貸出価格】 お一人様1台500円(税込)
※前期・後期の展示替えに伴い、一部ガイド内容も変わります。
【ガイド制作】(株)アコースティガイド・ジャパン




音声ガイドのナレーション収録後、木村多江さんにお話しを伺いました。

―法隆寺にはどんなイメージをお持ちでしたか?
やはり聖徳太子というイメージです。法隆寺さんには、学生の頃以来伺っていないので、今回、音声ガイドナビゲーターのお話しをいただいて、ご縁ができたようで本当に嬉しかったです。

―金堂壁画についてはいかがですか?
金堂壁画については、実は今回初めてお聞きしました。火災で焼損したものが、色々な方々の思いで模写され、今に伝えられている、そしてそれを目にすることができるというのは、なかなかないことだと思うんです。壁画をただ見る、とは感覚が少し違って、継続して伝えられていった思いを見ているような・・・また深さが違うように思いました。

木村多江音声ガイド

―ガイドのなかで、印象に残ったエピソードなどはありますか?
模写に携わった画家の方々が、絵を描いているうちに壁画に引き込まれて、みんなが壁画を愛おしいと思っている気持ちが、伝わってくるなと思いました。
鈴木空如は、お金ももらわず、あの3メートル近い壁画すべてを3回も描いて。毎日毎日通って、何か取りつかれたように描いたんだろうと…それだけの吸引力が壁画にあったという事ですよね。

―ガイドを聞くお客様へメッセージを
本当に美しいと思うものを伝えたいという人々の思いが、壁画を通して受け取れるのではないかと思います。
百済観音もそうですが、写真で見ても、その表面的な美しさだけではない、何か目に見えない抽象的なものを感じ取れるんです。造形の美しさだけじゃなく、百済観音の持っている心の美しさ、心のうちみたいなものが見えてくる…きっと皆さんも会場で、目に見えない何かを感じられるのではないでしょうか。それを楽しみに来て頂けたら嬉しいですね。